仮性菌糸とは?

仮性菌糸とは、酵母において、出芽した細胞が長く伸びたものを指します。 別名で、偽菌糸ともいいます。

ミアズマ病因説とは?

ミアズマ病因説(=miasma theory)とは、ヒポクラテスにより作り出された説です。 蔓延する疾病は、不潔な空気(miasma:瘴気)や、汚れた水が原因であるとする考えです。

ネガティブ染色とは?

ネガティブ染色とは、ウイルス粒子の形,大きさ,表面の様子を、電子顕微鏡によって観察するときに用いられる染色方法です。 ネガティブ染色では、指示膜の上に載せたウイルス粒子を、リンタングステン酸などの電子を散乱させやすい重金 …

莢膜膨化反応とは?

細菌の莢膜が、特異抗体と反応し、莢膜が膨化する反応を、莢膜膨化反応と呼びます。 この莢膜膨化反応は、肺炎球菌や、インフルエンザ菌の血清型別に利用されています。

薬剤耐性菌の種類

代表的な薬剤耐性菌としては、つぎのものが挙げられます。 グラム陽性球菌 グラム陽性球菌では、黄色ブドウ球菌、腸球菌、肺炎球菌が主に問題となり、以下のような耐性菌があります。 メチシリン耐性黄色ブドウ球菌 (MRSA) m …