他人の名前を含む商標「月の友の会」事件(最高裁昭和57年11月12日第2小法廷判決)

事件名 月の友の会」事件 この判決に関する論点 「株式会社○○○」のうち、株式会社を除いた「○○○」の部分は、 4条1項8号における「他人の名称」か?それとも、「他人の名称の略称」か? 事実関係 ・登録商標 「月の友の会 …

キルビー事件(キルビー特許事件)「特許に無効理由が存在することが明らかな特許権に基づく権利の濫用」(平成10年(オ)第364号、最高裁平成12年4月11日第3小法廷判決)

事件名 キルビー事件 この判決に関する特許法の論点 特許に無効理由が明らかに認められる場合でも、権利行使が認められるのか? 事実関係 ・T社(テキサス インスツルーメンツ インコーポレーテッド)は、昭和35年、「半導体装 …

くもの巣理論とは?

くもの巣理論とは、市場均衡の調整過程に関する仮説のひとつです。 市場価格に対する需要者の反応と、供給者の反応との間に、時間的なラグがあることが原因で価格や取引量が循環的変動をするというものです。 くもの巣理論と呼ばれる理 …

単方向リスト、双方向リスト、環状リストの違いとは?

まず、リストとは、データとポインタを1 つの要素として持ち、ポインタで要素間をつなげたデータ構造をいいます。 ポインタによってデータが連結されるため、連結リストとも呼ばれます。 リストの種類としては、ポインタの向きにより …

ウォーキングビーム式加熱炉事件「先使用の成立要件と範囲」(最高裁昭和61年10月3日第2小法廷判決)

事件名 ウォーキングビーム式加熱炉事件 この判決に関する論点 ・「事業の準備」とは、どのような状態をいうのか? ・先使用権の効力が認められる「発明の範囲」とは? 事実関係 ・会社Yは、昭和41年に、加熱炉の入札参加と見積 …

権利濫用の法理とは?

権利濫用の法理について解説します。 権利濫用とは? 民法1条3項は、「権利の濫用は、これを許さない。」と定めています。 権利の濫用とは、外形上は権利の行使のように見えるが、その実態が権利の社会性に反し、権利の行使として認 …