ω-酸化とは?

ω-酸化は、動物組織および細菌にみられる脂肪酸の末端のメチル基が酸化を受けて、ジカルボン酸が生じる反応です。

レシピエント細胞とは?

レシピエント細胞とは、クローン細胞を作ろうとするときに、ドナー細胞の核を移植するために、核を抜いた細胞をいいます。 レシピエント細胞としては、主として、体外で成熟させた第2減数分裂中期の卵母細胞が使用されています。

コドラート法とは

コドラート法とは、生物相を代表する場所に一辺が 10~ 25cm の方形枠を置き、枠内の生物をすべて採集する方法をいいます。 採集した付着生物は 10%ホルマリンで固定し、種別個体数を計数し湿重量を測定します。

パネート細胞とは?

パネート細胞とは、抗菌性物質のリゾチームを産生する細胞です。 パネート細胞は、核の上部に大きな好酸性の分泌顆粒が存在することで識別できます。 形はピラミッド型です。 腸腺の底部を占め、リゾチームを産生します。 寿命はおよ …

再構築胚とは?

再構築胚とは、体細胞クローン技術を用いて作製した胚を指します。 除核した成 熟卵に体細胞又は体細胞の核を移植し、電気的刺激により融合させて得た胚になります。 クローン胚と同義です。

興奮毒性とは(Excitotoxicity)

興奮毒性とは、刺激を異常に引き延ばした結果として、細胞のシナプス上で神経伝達物質の持続期間と有効濃度が上昇することによって生じる、神経細胞の死のことです。

バミューダ原則とは?

バミューダ原則とは、1996年にバミューダ諸島にて開かれた会合でなされた合意のことです。 合意されたのは、ゲノムプロジェクトで解析された塩基配列を、降雨的なデータベースに24時間以内に提供することでした。

BCFとは?

BCF( Bioconcentration Factor)とは、生物濃縮係数を意味します。 詳細には、BCFは、生物中の化学物質濃度と、環境あるいは食物中の濃度との比です。 生物濃縮は、食物連鎖による化学物質の蓄積を意味 …

コスミドベクターとは?

コスミドベクターとは、挿入断片サイズの大きいファージの利点、および、扱いやすいプラスミドの利点を活かした混成ベクターで、通常のプラスミドベクターの数倍にあたる44kbまでの挿入断片を許容します。

イディオタイプとは?

イディオタイプとは、免疫グロブリンの可変部におけるアミノ酸配列によって決定される抗原性です。 なお、生体は、抗イディオタイプ抗体を産生することにより、抗体産生のネットワーク調節に重要な役割を果たしています(イディオタイプ …

繊維性連結とは?

繊維性連結とは、膠原繊維と弾性繊維で結合されるものです。 繊維性連結には、「靭帯結合」、「縫合結合」、「釘植結合(ていしょくけつごう)」などがあります。 ・靭帯結合は、腓骨(ひこつ)、脛骨(けいこつ)の腓脛間接でみられ、 …

人体の構成について

人体の構成 人体の構成は、6つのレベルで語ることができます。 物質レベル、細胞レベル、組織レベル、器官レベル、器官系レベル、個体レベルです。 1.物質レベル 原子としては、たとえば、炭紫、窒素、水素などがあります。 また …