副甲状腺の役割

副甲状腺

副甲状腺は、甲状腺の背面に埋め込まれた小さな丸い組織塊です。

1個の上副甲状腺と、1個の下副甲状腺とが、甲状腺の右葉と左葉についています。

副甲状腺ホルモン

副甲状腺の分泌細胞は、副甲状腺ホルモン(PTH)を分泌します。

PTHは、カルシウムイオン、マグネシウムイオン、リン酸イオンを調節しています。

PTHの作用

PTHは、破骨細胞の数と活性を高め、カルシウムイオンとリン酸イオンの血中濃度を上げます。

また、PTHは、腎臓に作用し、下記の①~③の作用を及ぼします。

①CaイオンとMgイオンが尿に失われる速さを遅らせ、リン酸イオンが尿中へ排出される速さを上げる

②近位尿細管でのリン酸イオンの排出を促す(血液から尿中へ失われるリン酸イオンを増加させる)

③ビタミンDの活性型(カルシトリオール)の形成を促進させる