アソコ(生殖器・性器)が痒い(かゆい)ときに疑う性病

アソコ(生殖器・性器)が痒い(かゆい)場合には、性病を疑うことができます。

これらの原因としては、つぎのようなものによる感染がありえます。

リン菌(尿道炎や膣炎の原因)、トリコモナス原虫(膣トリコモナス症の原因)、単純ヘルペスウイルス(性器ヘルペスの原因)、梅毒トレポネーマ(梅毒の原因)などです。

かゆみの理由としては、上に挙げた微生物により、尿道が炎症しているケース(尿道炎)があります。

特に女性の場合は、膣が炎症しているケース(膣炎)、外性器が炎症しているケース(外性器感染)がありえます。

性器ヘルペス

たとえば、性器ヘルペスは、感染の機会から約1週間(潜伏期)をもって発症し、女性の外陰部粘膜に潰瘍ができます。

梅毒

また、梅毒では、粘膜面の小さな傷を通して感染した微生物(梅毒トレポネーマ)が、血液にのって運ばれ、局所および全身に多彩な皮膚症状が出てきます。代表的なのは、感染した局所粘膜に出現する無痛性の潰瘍(硬性下疳(こうせいげかん))です。

尖圭コンジローマ

さらに、尖圭コンジローマでは、感染してから約3ヵ月後に、いわゆる「いぼ」である、先の尖った鶏冠(とさか)状の腫瘍(乳頭腫)認めます。

一般的にかゆみや痛みなどの自覚症状はありませんが、人によっては、かゆみや痛みが出る場合があります。

おもに、大陰唇、小陰唇、膣前庭、膣、子宮膣部、肛門周囲が発生部位です。

性感染症の関連記事