帰無仮説とは

「差がある」ということを証明するために、統計学では、「差がない」という仮説を調べます。

もしも、「差がない」という」仮説に矛盾が見つかれば、「差がある」と判断します。

なお、明らかな矛盾がなければ、判定を保留します。

「差がない」という仮説を、帰無仮説(null hypothesis)といいます。

これに対し、「差がある」という仮説を、対立仮説(alternative hypothesis)といいます。