面接の日程を変更するときの言い訳の例文

言い訳の方法

予定していた面接の日に、急に用事が入ってしまうことがあります。

そんなときに使える言い訳を紹介します。

なお、「面接よりも優先する必要があるのか」と思われない理由にすることが必要です。

体調不良

印象が少し悪い言い訳になりますが、『体調不良』は、相手が了承せざるをえないため、日程を確実に変更してもらえます。

ただし、症状を詳しく説明しようとして、熱が出たなどと言い訳をすると、会話の中で嘘がばれるおそれがありますので、詳しく説明するのはやめておくのが無難です。

仕事の都合

転職の面接の場合は、『仕事の都合上、どうしても貴社にお伺いすることができません』とぼかすことができます。

現在の仕事に責任感を持って取り組んでいるようにも見えるため、マイナス評価にはなりません。

学業とかぶった

新卒の面接の場合は、ゼミナールをはじめとする学業と日程が被ったと言えば、あっさりと認めてもらえることが多いです。

なお、「学業なんかよりも面接を優先しろ」と言われたときは、その会社はいわゆる『ブラック企業』と判断して間違いありません。

NG回答例

絶対に伝えてはいけない言い訳は、『ほかの会社の面接の日程とかぶった』です。

第一希望の会社が他にあると思われてしまい印象が悪くなりますので、たとえ実力があっても受からなくなります。

ビジネス例文の関連記事