JavaScriptの等価演算子について。

等価演算子の使い方

透過演算子は、「==」と「===」がある。

型を含めて比較したいときは「===」を使う。

「==」の例

var x = 3 ;

var r = x == 3 ; // xと3 を比較して、同じなので true

console.log (r) ; // trueと表示される

「===」の例

var x = 3 ;

var r = x === "3"; // xと文字列3 を比較して、違うので false

console.log (r) ; // falseと表示される


JavaScriptの関連記事