JavaScriptの関数について。

関数とは

一連の処理をひとまとめにして、自由に名前を付けたものを関数と呼ぶ。

必要なときに何度でも呼び出せる。

関数は、引数(処理の材料)を受け取り、戻り値(処理結果)を返す。

関数には、 自作関数と、組み込み関数とがある。

組み込み関数は、JavaScript があらかじめ備えている関数である。

関数 は、 function文を使って定義する。

function 関数名() {処理内容}

例「与えた数を2倍にする」

function toDouble (i) {

return i * 2 ;

}

var x = toDouble (10);

console.log (x)   //20が表示される

関数の呼び出し

定義した関数を実行するときは、関数名を記述するだけでよい。

定義の際も、呼び出しの際も、 必ず 関数名の後ろに丸 かっこ()を付ける。

なお、関数の呼び出しが先でもよい。

引数

引数は、複数指定してもよい。

定義例

function 関数名(引数を入れる変数名) {

処理内容

}

呼出例

関数名(引数として渡す値)

戻り値

戻り値は1つだけしか指定できない。

function 関数名() {

処理;

return 戻り値;

}

return文が実行されると関数の呼び出し元に戻る。

戻り値が代入される変数を用意しておく必要がある。

return文がない場合、undefinedが戻り値となる。


JavaScriptの関連記事