JavaScriptの配列についてまとめ。

配列とは

配列とは 、同じ用途で用いる複数の変数を 1つにまとめたもののこと。

配列は変数の集まりによって構成されている。

個々の変数のことを要素と呼ぶ。

各要素を識別するために 、インデックスと呼ばれる番号 ( 0から始まる整数値 )が割り振られる。

インデックスは添え字とも呼ばれる。

宣言

配列の宣言は 、変数と同じように v a rを使う。

角かっこ [ ]内には 、要素に代入する値をカンマ区切りで指定する。

var  number = [ 10 , 20 , 30 ] ;

配列の要素の参照は、たとえば、つぎのように行う。

console . log ( number [ 1 ] ) ;

配列の要素への代入は、たとえば、つぎのように行う。

number [ 1 ] = 10 ;

なお、配列は、空の状態で作成し、後から要素を入れても良い。

要素数の取得

配列名の後ろに「. length」を付けると、配列が保持する要素の数を表わす。

var number = [10, 20, 30];

console. log( number. length);

実行結果は3になる

多次元配列

配列の集合体を多次元配列と呼ぶ。

例 2次元配列

var number = [ [ 10, 20, 30 ] , [ 40, 50, 60 ] ];

さらに角かっこ[]を入れ子にすることで、三次元、四次元の配列を作ることもできる。

連想配列

連想配列は、数値の代わりに、文字列をインデックスとする。

これにより各要素を識別しやすくすることができる。

連想配列では、インデックス のことを「キー」と呼ぶ。

連想配列の要素は、キーと値のセットで 1つとして扱われる。

全体を囲むのは、波 かっこ{} にする。

var 連想配列名 = { キー1 : "値1", キー2 : "値2", キー3 : 値3 }

連想配列内の要素を参照するには、ドット . または [] でキーを指定する。


JavaScriptの関連記事