スタンドアロンAMPページのつくりかた

サイトをAMP対応するためには、通常、非AMPの正規ページとAMPページの2つを作成する必要があります。

これは、仕組み上、AMPページから、非AMPページを正規ページとして指定する必要があるためです。

さらに、非AMPページからも、AMPページを参照しなければなりません。

しかし、両方を作成するのは手間がかかりますし、作成するページが増えれば、それだけコードミスの発生する確率も高くなります。

かんたんなサイトであれば、非AMPページとAMPページの2つを作成して良いことはあまりありません。

そこで、Googleは、AMPページのみ作成しても、インデックス登録できることを明示しています。

これをスタンドアロンAMPと呼びます。

スタンドアロンAMPであることをGoogleに伝えるためには、<head>タグの中に、つぎのコードを挿入します。

<link rel=”canonical” href=”AMPページのURL” />

なお、AMPページのURLは、httpやhttpsから始まる絶対パスで入力します。

これで、スタンドアロン AMP ページも、検出可能な状態であればインデックス登録されます。