上司のメールを返信し忘れたときの言い訳

仕事が忙しいときなどには、上司のメールを確認し忘れたり、確認したのについ返信し忘れたりしてしまうことがあります。

そして、「気づいたときにはもう遅い」というケースは多々あるかと思います。

そんなときに使える言い訳を4つ紹介します。

1.自分あるいは家族が病気だった

急病などで自分や家族の体調が悪く、メールの返信どころではなかったと説明する方法です。

よほどのことが無ければ、まず許してもらえます。

2.迷惑メールに分類されてしまっていた

なぜか迷惑メールのフォルダに分類されてしまっていたと言い訳する方法です。

仕方ないと思わせることができるので、オススメです。

3.間違って消してしまった

見る前に誤操作で間違って削除してしまったと言い訳する方法です。

メールをゴミ箱に見つけたと言って、許してもらえるよう謝ります。

4.携帯やパソコンの調子が悪かった

めったに使える手ではありませんが、端末の画面調子が悪く、メールソフトが使えなかったと言い訳をします。

1日くらいの返信の遅れであれば使える手です。

NG回答例

絶対に伝えてはいけない言い訳は、『返信を忘れていました』です。

上司のことを敬う気持ちが欠けていると判断されて印象が悪くなります。

ビジネス例文の関連記事