臨床検査の考え方

目的

臨床検査は、保健医療を目的とします。

分類

生体の変化をME機器を使って計測する場合を生理機能検査といいます。

また、生体から採取した体液や組織の一部について計測する場合を検体検査といいます。

検査結果について

検査結果は、正確さと、精密さ(再現性)とから評価されます。

情報の価値

検査結果は、多くの場合、ひとつの情報にすぎないことをふまえて、主治医は問診結果や診察結果などと総合的に判断して、診断、予後判定、治療方針の決定をすべきです。

検査値の判読

健常者の基準範囲から、±2SDを外れて、±3SDの範朋に含まれている値は、境界値あるいはグレイゾーンと呼ばれています。
グレイゾーンの検査値は、以下のような要因を勘案する必要があります。

1)生理的変動要因
2)薬物
3)検体の取り扱い上の誤り
4)測定のばらつき