会社のPCで転職サイトを見たら違法で処分?法律面から解説。

転職活動は時間との勝負ですので、勤務中に、会社のPCで、こっそりと転職サイトにアクセスする人は多いと思います。

転職サイトを見ていることがバレると、問題になるので、なるべく、人が近づいてきたときには画面を変えたり、閲覧した後は履歴を消したりして対処することが望ましいでしょう。

しかし、もしもバレてしまったとき、処分などに発展してしまうと厄介です。

会社の物を私的に利用していると言われると何も反論できません。

職務専念義務違反

職務専念義務とは、労働者に義務付けられる、勤務中には職務に専念せねばならないといった義務のことです。

法律に規定されているものではないが、一般に、一般企業でも就業規則などで規定されている場合が多いようです。

なお、公務員は国家公務員法・地方公務員法において規定されています。

これに違反すると、減給や停職になることがあります。

つまり、勤務中に転職サイトを見ること(ネットサーフィンする)は、職務専念義務違反に問われる可能性があります。

これを防ぐには、転職サイトを全く見ないようにするしかありません。

ブラウザの閲覧履歴を消しても、システム上では記録が残るため、万が一、何らかの調査が入ってバレると面倒なことになりますので、注意しましょう。