コドラート法とは

コドラート法とは、生物相を代表する場所に一辺が 10~ 25cm の方形枠を置き、枠内の生物をすべて採集する方法をいいます。

採集した付着生物は 10%ホルマリンで固定し、種別個体数を計数し湿重量を測定します。