遠隔医療相談サービス一覧

遠隔医療相談とは

遠隔医療相談えんかくいりょうそうだんとは、自宅でインターネットなどの通信網を利用して、医師や看護師などに医療相談できるサービスです。

遠隔健康相談えんかくけんこうそうだんと呼ばれることもあります。

どこからでもアクセスできますので、「忙しくて病院に行けない」,「病院に行くべきか悩んでいる」,「旅行先で急に体調が悪くなった」などのときに大きく役立ちます。

ただし、あくまでも相談サービスですので、診断や薬の処方はありません。つまり、遠隔診療えんかくしんりょうとは異なります。また、診療ではないので健康保険は使えません(全額自己負担)。

なお、遠隔診療サービスの一覧については、こちらからご覧ください。

遠隔診療のサービス一覧をみる

遠隔医療相談サービス

現在ある遠隔医療相談サービスの一覧を紹介します。

ポケットドクター

個人向けの健康相談サービスを実施しています。

スマートフォンやタブレットを使ったビデオ通話で、医師が健康相談を受け付けます。

「予約相談」・「今すぐ相談」の二種類があります。

アプリをみる

運営会社は、MRT株式会社です。

なお、MRT株式会社は遠隔診療サービスにも取り組んでおり、別のアプリで利用可能です(遠隔診療ポケットドクター)。

小児科オンライン

子育て中の親に向けた遠隔医療相談サービスです。

LINEやSkypeなどのアプリを使用し、テレビ電話やチャットなど保護者の好きな方法で、小児科医が相談を受け付けます。

運営は株式会社キッズパブリックです。

CLINICS

アプリを利用して医療相談を受けることができます。

さまざまな診療科の専門医による相談サービスを予約できます。

アプリをみる

運営は株式会社メドレーです。

なお、株式会社メドレーは遠隔診療サービスにも取り組んでおり、同じアプリで利用可能です。

緊急のときは

なお、「すぐに病院にいったほうがよいか」などを質問できる、救急用の相談窓口が行政に設置されています。
そのような緊急の相談窓口は、別に紹介しています。

救急医療相談の窓口をみる