貸出金利と預金金利の違いとは?

貸出金利

貸出金利とは、銀行がお金を貸出すときの金利である。

身近な例では、住宅ローンの金利が年1パーセントという具合である。

銀行にとっては収入にあたる。

なお、日銀と民間銀行との間では、貸出金利がマイナスになることがある。

日銀にとっては、通貨の供給を増やすことができ、民間銀行にとっては、元本が減るため、返すお金が減るというメリットがある。

預金金利

一方の預金金利とは、銀行が預金者に支払う金利である。

これも身近な例では、定期預金や普通預金の利息のことである。

銀行にとっては、コストにあたる。

なお、預金金利をマイナスすれば、預金からお金を徴収できるため、収入になる。