不妊症の原因になる性病

不妊にはさまざまな原因がありますが、実は、性病が原因となるケースがあります。

代表的なのは、淋菌(リン菌)や、クラミジアへの感染があります。

基本的には、性交渉によって、クラミジアや淋菌が子宮頸部に感染すると、子宮頸管炎になります。

自覚症状としては、帯下が増えたり、軽い下腹部痛になったりします。

しかし、ほとんどは無症状のことが多いです。

無症状でも危険

このような、症状がない(無症候性)の感染を、そのまま放っておくと、どんどん感染が進んでしまいます。

具体的には、感染は上へ上へと進み、子宮内膜、卵管、子宮付属器周囲、骨盤腹膜、肝臓の周囲へと広がっていきます。

妊娠との関係で気をつけなければならないのは、卵管の炎症が持続することで、卵管の機能障害が引き起こされることです。

これは、卵管妊娠や卵管性不妊症の原因となってしまいます。

さらに、クラミジアや淋菌による子宮付属器周囲炎が卵管水腫の原因になります。

また、お腹の中(腹腔内)の感染が重症化したときには、肝臓の周囲が炎症して、慢性的な右上腹部痛をもたらすことがあります。

このように、不妊の原因が淋菌やクラミジアがどうかは、慢性的な下腹部痛や、右上腹部痛が目安になる場合があります。

検査は簡単に行うことができ、感染を疑う部位について培養検査をしたり、遺伝子検査をしたりすることになります。

自宅用の検査キット

ネット上には、自宅で性病の検査ができる検査キットが、いくつも紹介されています。

匿名で(名前を知られずに)、郵送で結果が分かりますので、だれにも知られる心配はありません。

いずれの会社も、クラミジア、淋菌、トリコモナス、梅毒、HIV、ヒトパピローマウイルスなどに幅広く対応しています。

検査の値段を比べて、自分に合うものを選べばよいでしょう。

性感染症の関連記事