遠隔診療とクレジットカード

遠隔診療は、基本的にはクレジットカードで決済します。

病院などの医療機関が、遠隔診療の導入を考えるとき、次の点が検討事項になるでしょう。

患者のメリット

クレジットカードの決済により、患者の利便性が向上します。

とくに、患者が銀行振込のために銀行に出向いたり、ネット振込などの手間を掛けたりしなくてよいところが大きなメリットでしょう。

また、大きなお金がかかるときに、ひとまず患者が確実に支払うことができるというのもメリットです。

医療機関側のメリットとデメリット

クレジットカードによる決済で、病院など医療機関側の業務量が減るというメリットがあります。

一方、デメリット(欠点)としてはカード手数料が減収となることです。

また、何らかのシステムエラーで、カード支払い処理のトラブルが発生する恐れもあります。

関心の高い問題はセキュリティーですが、近年は、診療情報や個人情報などが漏洩しない強固なWebシステムが開発され、漏洩リスクは少なくなっています。

お薦めのクレジットカード

医療費は、それなりの金額になるため、還元率の高いクレジットカードがお得です。

ふつうのカードの還元率は0.5%程度ですが、なかには、1%~2%のものがあります。

遠隔診療は、そのような高い還元率のクレジットカードを使う良いでしょう。

ここでは、年会費が無料のものを紹介します。